• tomoaki hagiwara

生活が向上する扁桃体の鍛え方 その②

最終更新: 2019年1月14日

今回は読みやすく短い文章にします! いや、決して手を抜いているわけでは・・・・・。

それでは早速結論から申しますと、


『「自分の壁」を破るいちばん簡単な方法』( Susan Terkel, Larry Terkel 著)

より抜粋


微笑む気分でないときでも微笑む。笑顔をつくることによって、脳の中の肯定的な感情をつくる部分が反応し、活性化される。


前回の扁桃体の鍛え方で、


朝、今日一日がどんなにワクワクする一日になるかを想像する事


と書かせて頂きました。


ついでに自宅の鏡で、ワクワクしている自分の笑顔を確認してください(笑)


繰り返しますが、微笑む気分でないときでも微笑む。という事が大事です。


ハーバード大学の研究論文で、

30分の間、科学的エビデンスに基づく今回のような話を聞く事で、 33%の重度の精神病の方に大きな改善が見られたそうです。 つまり実践してもしなくても、この記事を読むだけでも効果がみられるという事ですね。

そう考えるとこのブログも意味があるように感じます。


勉強を先延ばしにする学生さんは、騙されたと思って3か月位は必ず実践して下さいね。


びっくりする効果を感じると思いますよ。


だって、私がそうでしたから (笑)


#札幌市南区真駒内  #萩原整骨院  #患者さんの心も癒したい  #目標設定って大事



41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示